散骨船体験乗船会 in 東京湾

s-IMG_7006.jpg5月20日 日曜日s-IMG_6999.jpg午後2時風が少なく晴天のなか、勝どきの朝潮小型船乗り場より、22名(内、ウィルからのメンバー12名)の乗員を載せて、海洋散骨船LENNON(レノン)号は出航しました。

船着き場を離れると、船は京浜運河を通り、羽田空港手前で東京湾に出ます。

s-IMG_7027.jpgその間、波が少ない運河の間に、船上(模擬)セレモニーが行われました。

運河を抜けると、いよいよ羽田空港沿いに東京湾に出ます。

東京湾では、散骨ポイントの手前まで運河を通っていけることから、風や波が比較的少なく済みます。沖に出ても、広く半島に囲まれてるので比較的穏やか。天候により中止になることが少ないのです。

横浜、逗子、葉山等の場合では、素人目に見て大丈夫そうな天気でも、プロの判断で中止になることもしばしば。ここは特筆すべきところですね。

 s-IMG_7083.jpg

s-IMG_7054-2.jpgそしていよいよ散骨です。

羽田空港の国際線ターミナルから良く見える散骨ポイントは、空港のラウンジからもお参りができます。船に弱い方にはこちらからもお参りをいただけます。

お骨とともにお花を手向けた後は、ポイントの周りを鐘を鳴らしながら三回まわり、黙祷。ポイントを後にします。

 s-IMG_7120.jpg

s-IMG_7118.jpg帰り道にはお楽しみが二つ。羽田空港の滑走路の真下に船をつけ、着陸してくる飛行機を仰ぎます。きっと散骨に立ち会った子供たちは大喜びでしょう。

そして最後はお台場のそばで停泊して、カモメにエサをやります。・・この日は生憎カモメさん休業のご様子。

ご希望とあらば、あらかじめ精進料理を用意しておいて、そのまま船上で会食をする事もできるそうです。このレノン号は、パーティークルーズも可能だそうで、船上料理も可能とのこと。お別れ会から法事まで、すっかりこなせます。

今回はお台場沖で、村田船長を相手に海洋散骨Q&Aを少々。トータル3時間の船旅でした。

 

大人から子供まで、回忌法要の度にで船に乗るのが楽しみになりますよ。料金は、

貸切散骨23万1千円(〜24名)

合同散骨12万6千円(2名)

 

乗り物酔いに自信のない方は、睡眠をよくとって、酔い止めを飲んで臨むのが良いでしょう。

 

最期はお約束、船をバックに集合写真をパチリ。

s-IMG_7128.jpg

船で疲れたでしょうに、とっても笑顔な皆さん、ありがとうございました。

★今回は定員オーバーで乗船の叶わない方がいましたので、希望者が集まればまた開催させていただきます!

過去のセミナー&イベント

終活セミナー以外にも、出前セミナーや講演をさせていただいています。

5人規模の少人数からご相談をお受けしてます。

ご希望がある方は遠慮なくご連絡ください。

 

また、セミナーにご参加いただいた皆さんからの声をもとに、春、夏、秋と年間三回の番外イベントを開催しています。

室内でのお勉強会や、バスを使った見学ツアーなど、楽しく体験を通して学んでいただくために、毎回趣向を凝らして開催しています。

 

≪過去の開催事例≫

2010年 5月 : 家族葬コース料理試食会&家族葬フェア

2010年10月 : 成年後見と遺言相続の勉強会

2011年 4月 : 大人の社会科見学 火葬場・式場見学バスツアー

2011年 7月 : 自分でできる!「お葬式のお見積り」体験会

2012年 5月 : 海洋散骨船体験乗船会 in 東京湾 

 

次回はこんなことをやってほしい!

というご要望やアイディアがある方がいらしたら、ぜひ教えてください。

 

 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 0120-797-739
受付時間 : 10:00〜18:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 吉澤・鈴木

お問合せフォームはこちらへ

シニアユニバーシティ家族葬セミナー

5月6日、ウィルのセミナーにご参加くださった方のご紹介で、シニアユニバーシティさんで家族葬セミナーをさせていただきました。

 

当日、コミセン浦和の9階にある会場に集まってくださった参加者は100名近く!

私の場合、いつも少人数対話型のセミナーばかりですので、皆さんの活気のある皆さんにびっくりです!

 シニアユニバーシティ講演.jpg

シニアユニバーシティとはどんな団体?という方のために、ちょっと説明します。

『正式には「さいたま市シニアユニバーシティ」といって、さいたま市に住む60歳以上の方を対象に、生涯学習や、積極的な社会参加と学生間の親睦と交流を図ることで生きがいを高め、地域での活躍の道を開くことを目的としている』・・・のだそうです。案内書の受け売りですみません!(汗)

 

地域別にさいたま市内に6校、一期合計644名の生徒を募集しているそうです。授業料は無料(資料代3000円)とのことで、お手軽なのになかなか内容が濃くてかつ皆さんを見る限り、とても楽しそうでしたよ。

 

学習期間は一年なのですが、卒業後も交友会という卒業生の会があり、毎月集まり事を続けることができるのだそうです。

さいたま市在住の皆さんにお勧めです。

 

今回は、その東浦和校の第七期交友会の皆さんの活動に参加させていただきました。朝からお葬式の話で申し訳ないな〜など思いましたが、皆さん真剣にお話を聞いてくださりました。ありがとうございます。

 

私たちが普段開催している「終活講座」の方では独居老人と孤独死の問題にも触れますが、こういった会に参加している皆さんなら、独居となろうとも孤独にはならないだろうな〜などと思いました。

 

いくつになってもいろんなことに関心を持ち、多くの仲間をもって。素敵ですね!

2010年4月大人の社会科見学 火葬場・式場見学バスツアー

大人の社会科見学 火葬場・式場見学バスツアーのご報告 s-IMG_3536.jpg

 去る4月26日10時大宮駅西口に、時間通りにお集まり下さった

参加者の皆様、マイクロバスに乗り込み、いざ浦和斎場へ!

「遺族しか見ることのできないお泊り施設」

「浦和斎場の七不思議である使われていない第二式場の上の控え室」

と普段は覗けないところにお邪魔しました。

さっそく集合写真は前代未聞の火葬場でパチリ。

s-IMG_3538.jpg

 次は、ウィルさいたま一押しの家族葬専用式場、遠照寺会館。

(お寺ではないんですよ)

 ここでは、皆さんご遺体保管庫に興味津々でした。

 そろそろお腹が空いた頃、遠照寺さんの式場にテーブルを並べて

みんなでお昼ご飯です。

吉澤大好きシウマイ弁当!去年の9月から新価格でお安くなったのを

ご存知の方がいらして嬉かったんですよ。 s-IMG_0636.jpg

 またバスに乗り込み約30分。食後でちょっとうとうとするのかな、

と思ったら皆さん元気一杯!和気藹々です。

さいたま市のもう一つの火葬場、大宮聖苑です。

休場日の見学お断りの為、チラッとだけ眺め、続いて思い出の里霊園

の敷地にある思い出の里会館です。

浦和斎場と比べて宿泊できないのが難点ではありますが、

常設された祭壇は超豪華で、何とも葬儀社泣かせな素晴らしい式場です。

霊園の中には最近注目を浴びている、永代供養墓があります。

そしてまたバスで30分。上尾伊奈つつじ苑へ。

今度の移動時間は、セミナーの時に使った○×の札で火葬場式場クイズ! 

続いて上尾斎場です。

 ここは上尾市と伊奈町の方の施設ですが、なんとさいたま市の方も

ちょっと高くなりますが、利用できるんです。式場の美しさ、便利さと

ほどほどの価格を考えると、たとえ市外に住んでいたとしても魅力的な式場です。

控え室は大きな和室でなんとシャワー室完備なのです。

参加した皆さんが口々に旅館みたい、と言ってました。

遠方からお越しの方が多い場合は、下手な宿を取るより安くて快適です。s-IMG_0647.jpg

まして上尾や伊奈の方には絶対お勧めです。

 最後はニューシャトルの今羽町駅そば、聖蓮さんです。

ここは三階建ての大きな式場なのですが、

三階の小さな部屋だけ借りて、家族葬式場として

利用することができます。

(普段は一階と二階を利用して、参列者が200名

くらいまでの葬儀ができますし、三階まですべて

借り切ると、それ以上の規模の葬儀でも対応ができる実は便利な式場です。)

・・・皆さん、バスツアーでできたお友達と話すのに夢中のようですが、

ちゃんと式場見てますかぁ・・・?

 さぁ約20分、一路大宮駅へ。と思いましたが、せっかくですs-IMG_3542.jpgから私たち

ウィルのサロンの前を通ってください・・・ということで、ほんのちょっとだけ

遠回りをして、駅から徒歩10分の私たちの会社の前を通って頂きました。

 朝10時から6時間の弾丸ツアー、皆さん最後までお付き合い頂き

どうもありがとうございました。

私たちの方がとても楽しかったす♪と、熱く握手を交わして大宮駅前で解散。

バスツアーを企画して良かったぁと涙が出ました。

お付き合いしてくださった皆様、本当にありがとうございました。また是非遊んでくださいね!   

2010年10月成年後見と遺言相続の勉強会

成年後見と遺言相続の勉強会のご報告

 2011年2月からは自分らしい家族葬を実現するための 『家族に伝える‐遺言相続・家族葬・お墓のこと、終活三回講座』を行っていきます。その予行練習として秋のイベントでは11月6日に『成年後見と遺言作成』についてのセミナーを行いました。

 s-IMG_0083.jpg

←NPO法人トータルライフサポートの

 三国浩晃さんに、成年後見のお話を

 うかがいました

 

 今回は特に「成年後見」に重きを置いてのお話でした。成年後見には生前に自分で決めておく「任意後見」と、認知症などが発症してから第三者が決める「法定後見」がありますが、今回はご参加の皆さん自身があらかじめ準備しておく「任意後見」について考えてみました。後半はなんで遺言があるとよいのか?ということについて、図解とクイズ形式でお話しさせていただきました。結構準備しておいたほうが良い方がいるようですよ!

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。今回いただいた感想や要望を元に、三回コースのプログラムに反映したいと思います!

s-IMG_0089.jpg     s-IMG_0092.jpg

↑ ありがたいことに満員御礼となりました  

 

〜参加者のこえ〜

・相続人が非常にわかりやすかった

・いや〜生きるのも旅立つのも大変ですね

・参加者の声が現実的であった・大変参考になりました

・今回のテーマはもう少し知りたいです 

皆さんコメントありがとうございました!

2010年5月家族葬コース料理試食会&家族葬フェア

『家族葬フェア& 家族葬料理試食会』を開催しました。

 このところ毎度「家族葬を学ぼうセミナー」の中では触れさせていただいていますが、5月に行いました家族葬フェアでは、小人数で行う「家族葬」だからこそ選択の出来る、お通夜料理に関するひとつのご提案として、「家族葬のコース料理」を皆さんに体験していただきました。

  s-家族葬料理試食会.jpg   s-家族葬料理試食会02.jpg

 準備しだいでは、何処の式場でも、またご自宅でも、ひとクラス上のちょっと気取ったお食事が召し上がれます。この頃では、「立派な祭壇にお金をかけるより、子供や孫に美味しいご飯でも食べてもらいたい」との声もあるくらいです。

残される方々へのちょっとしたプレゼントとして、こんなのも面白いと思いませんか?

お忙しい中ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

   s-家族葬料理試食会03.jpg   s-家族葬料理試食会04.jpg

〜参加者の声〜

質問「今日の料理はいかがでしたか?」「そしてその理由をお聞かせください」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆満足。気持ちの良い料理でした。

☆満足。今日は『お食事』として頂きましたが、『故人を送る』という事が悲しいだけでなく、『良きこと』として遺族たちが気持よく食事をすることは、良いと思うので。 

☆満足。全て美味しかった。『最期の晩餐』にも匹敵する食事なので、出来るだけ満足していただきたい。

☆満足。ビーフシチューが美味しかった。

 皆さん、コメントをありがとうございました! 

▲このページのトップに戻る