2020家族葬えらびと葬儀社えらびのポイント 講座

2020年の講座 第一本目として

開催いたします。

2/7 大宮ソニックシティ(さいたま市)

2/13 家族葬ホールのぼりと(川崎市多摩区)

 

この講座では、5つののポイントについてお話しします。

1.エピソードでたどる家族葬のいろいろ

2.プランや形式選びのポイント

3.大切な備えについて

4.葬儀社えらびについて

5.葬儀のことだけじゃ上手くいかない終活のおはなし

 

概ね従来の講座の流れは踏襲しているのですが、 

新しく取り入れたのは 「葬儀社えらび」についてのおはなしです。

 

お葬式を価格だけで選んでしまって、 大丈夫なのかな? 
という疑問に答えるお話です。


葬儀の前に皆さんが選ぶものは、

お葬式の内容を選ぶことと、

そのサポートをしてくれる葬儀社を選ぶこと この二つです。

 

これまでは お葬式の内容についてのお話が中心でしたので、

今回からは葬儀社えらびの方も。

 

外食に行くときのことを参考にしてみましょう。

 

まず、 何を食べに行こうか? と考えるかと思います。

これは家族葬か一日葬か、とか、

仏教式でいこうか無宗教にしようかとか、

音楽葬が良いかとか。

そんな話と同様です。

 

さらに、時と場合とメンバーによって、

お店を選ぶと思います。 休日だし家族がそろったので、という人がいれば、

記念日なので、夫婦でゆっくりとか、

食べ盛りの子供のために栄養のあるものをとか、

とにかく安く手短にとか、

おなかがすいたからとにかく食べれればよいとか。

 

目的や希望や、 個々の好みを無視すると、

せっかくの外食が台無しになることだってあると思います。

(昔、いくつも失敗しましたのでわかります 涙)


それは、 食事というものに対する経験が多いため、

それぞれにある「価値」を 知っている人が多いからだと思います。

 

だけど、 お葬式の方ではどうでしょうか。

残念ながら、 最近はインターネットで単純に価格を比較して、

安いモノを買おう、 という方が増えています。

 

それぞれのお宅のお葬式に違いがあることも、

それぞれに違う「価値」があることも、

あまり知られていないからだと思います。

 

電気製品や日用品など、 形のあるものであれば、

性能を数値的に比較することが 可能ですし、

最安値を求めるのもわかります。


さらに、「どこの店で買うか」は 概ね重要ではないでしょう。


でも、 有形無形問わず、 サービスにまで、

 同じ感覚を持ち込んでいるかた増えているのが、

残念でなりません。


お葬式は、 外食よりデリケートで、

複雑な商品なのにです。


だからせめて、


外食に行く前にお店を選ぶように、


お任せするお店(葬儀社)は、

事前に知っておいた方が良いし、

担当者となるような人にもあっておいた方が良い。


選んでおいた方が良いですよね。


というようなお話です。


長文になりがちなのでこの辺にするとして、

今年から追加をしました「選び方」のお話ですが、

良かったらどうぞ。


吉澤 隆

家族葬セミナーの5つのポイント

「家族葬を学ぼう」セミナーでは、次の5つのポイントについてお話しします 

1、家族葬とはどんなお葬式か? 一般のお葬式とどう違うのか?

2、家族葬の長所と短所 s-新しい画像 (1).jpg

3、家族葬を実現するための事前の準備

4、お葬式費用の基礎知識

5、近隣の斎場について

  

・ 自分は家族葬と一般のお葬式とどちらが合っているのかわからない、というかた

・ 自分らしいお葬式をして欲しい、と考えているかた

・ 残される家族のために、お葬式を通して何かしてあげたい、というかた

・ 家族のために家族葬にしようと思うが、友人たちや親戚の反応が心配、というかた

などなど、そんな方に自信を持ってお勧めします。

 

このところ家族葬を選択する方が急速に増えています。

ところが、それを選んだご家族も提供する葬儀社側も、家族葬がどんなものかと

聞かれたとき、その特性や注意点を理解していない方が多いように感じています。 

それでは上手くいかないことがあっても仕方ないですね。

ですからまずよく知ることから始めましょう。

 

私たちは、家族葬は準備なしには上手くいかないものだと考えています。 

 

そして、「良いお葬式だったね」といわれるようなお葬式にしようと思ったら、

お葬式のことだけ考えておいてもダメなんです。

 

これまでに何処かで「お葬式のセミナー」に参加したことがある方がいる

かもしれませんが、どうでしたでしょう。

そのセミナーでは、「どんな祭壇、どんなお花を飾ろうか?」とか、

「どんなお棺にしようか?」とか、そんなお話ばかりではありませんでしたか?

確かにそれは大事なことですが、どちらかといえば、それは葬儀社側が

決めておいて欲しいことなのだと思います。

 

もちろん「葬儀費用」のことが心配なので決めておきたい、というかたが多いでしょう。

でも、費用を決める前に、葬儀の費用に関する知識や地域の斎場などの

情報を持つことが大事です。

でなければ、教わった内容が正しいのかどうか、判断のしようがないですよね。 

 

極端な話をすると、わたしは「お金をかける」のと「手をかける」のと

どちらが良いかと聞かれたら、「手をかけたお葬式」のほうが

良いお葬式になるのではないかと答えています。

 

無駄な費用をかけずに、手をかけたあたたかいお葬式を。

家族のために選んだ家族葬なのだとしたら、送る側となったご家族にとっても

満足のいくお葬式になったら良いですよね。

 

悲しいなかにも、大切な人たちにあたたかい思い出を残すような、

そんな人生の締めくくりについて、一緒に考えてみましょう。

 

「遺言相続・成年後見を学ぼう」セミナーへ

番外イベントへ

 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 0120-797-739
受付時間 : 10:00〜18:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 吉澤・鈴木

お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る