家族葬セミナーの5つのポイント

「家族葬を学ぼう」セミナーでは、次の5つのポイントについてお話しします 

1、家族葬とはどんなお葬式か? 一般のお葬式とどう違うのか?

2、家族葬の長所と短所 s-新しい画像 (1).jpg

3、家族葬を実現するための事前の準備

4、お葬式費用の基礎知識

5、近隣の斎場について

  

・ 自分は家族葬と一般のお葬式とどちらが合っているのかわからない、というかた

・ 自分らしいお葬式をして欲しい、と考えているかた

・ 残される家族のために、お葬式を通して何かしてあげたい、というかた

・ 家族のために家族葬にしようと思うが、友人たちや親戚の反応が心配、というかた

などなど、そんな方に自信を持ってお勧めします。

 

このところ家族葬を選択する方が急速に増えています。

ところが、それを選んだご家族も提供する葬儀社側も、家族葬がどんなものかと

聞かれたとき、その特性や注意点を理解していない方が多いように感じています。 

それでは上手くいかないことがあっても仕方ないですね。

ですからまずよく知ることから始めましょう。

 

私たちは、家族葬は準備なしには上手くいかないものだと考えています。 

 

そして、「良いお葬式だったね」といわれるようなお葬式にしようと思ったら、

お葬式のことだけ考えておいてもダメなんです。

 

これまでに何処かで「お葬式のセミナー」に参加したことがある方がいる

かもしれませんが、どうでしたでしょう。

そのセミナーでは、「どんな祭壇、どんなお花を飾ろうか?」とか、

「どんなお棺にしようか?」とか、そんなお話ばかりではありませんでしたか?

確かにそれは大事なことですが、どちらかといえば、それは葬儀社側が

決めておいて欲しいことなのだと思います。

 

もちろん「葬儀費用」のことが心配なので決めておきたい、というかたが多いでしょう。

でも、費用を決める前に、葬儀の費用に関する知識や地域の斎場などの

情報を持つことが大事です。

でなければ、教わった内容が正しいのかどうか、判断のしようがないですよね。 

 

極端な話をすると、わたしは「お金をかける」のと「手をかける」のと

どちらが良いかと聞かれたら、「手をかけたお葬式」のほうが

良いお葬式になるのではないかと答えています。

 

無駄な費用をかけずに、手をかけたあたたかいお葬式を。

家族のために選んだ家族葬なのだとしたら、送る側となったご家族にとっても

満足のいくお葬式になったら良いですよね。

 

悲しいなかにも、大切な人たちにあたたかい思い出を残すような、

そんな人生の締めくくりについて、一緒に考えてみましょう。

 

「遺言相続・成年後見を学ぼう」セミナーへ

番外イベントへ

 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 0120-797-739
受付時間 : 10:00〜18:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 吉澤・鈴木

お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る