散骨船体験乗船会 in 東京湾

s-IMG_7006.jpg5月20日 日曜日s-IMG_6999.jpg午後2時風が少なく晴天のなか、勝どきの朝潮小型船乗り場より、22名(内、ウィルからのメンバー12名)の乗員を載せて、海洋散骨船LENNON(レノン)号は出航しました。

船着き場を離れると、船は京浜運河を通り、羽田空港手前で東京湾に出ます。

s-IMG_7027.jpgその間、波が少ない運河の間に、船上(模擬)セレモニーが行われました。

運河を抜けると、いよいよ羽田空港沿いに東京湾に出ます。

東京湾では、散骨ポイントの手前まで運河を通っていけることから、風や波が比較的少なく済みます。沖に出ても、広く半島に囲まれてるので比較的穏やか。天候により中止になることが少ないのです。

横浜、逗子、葉山等の場合では、素人目に見て大丈夫そうな天気でも、プロの判断で中止になることもしばしば。ここは特筆すべきところですね。

 s-IMG_7083.jpg

s-IMG_7054-2.jpgそしていよいよ散骨です。

羽田空港の国際線ターミナルから良く見える散骨ポイントは、空港のラウンジからもお参りができます。船に弱い方にはこちらからもお参りをいただけます。

お骨とともにお花を手向けた後は、ポイントの周りを鐘を鳴らしながら三回まわり、黙祷。ポイントを後にします。

 s-IMG_7120.jpg

s-IMG_7118.jpg帰り道にはお楽しみが二つ。羽田空港の滑走路の真下に船をつけ、着陸してくる飛行機を仰ぎます。きっと散骨に立ち会った子供たちは大喜びでしょう。

そして最後はお台場のそばで停泊して、カモメにエサをやります。・・この日は生憎カモメさん休業のご様子。

ご希望とあらば、あらかじめ精進料理を用意しておいて、そのまま船上で会食をする事もできるそうです。このレノン号は、パーティークルーズも可能だそうで、船上料理も可能とのこと。お別れ会から法事まで、すっかりこなせます。

今回はお台場沖で、村田船長を相手に海洋散骨Q&Aを少々。トータル3時間の船旅でした。

 

大人から子供まで、回忌法要の度にで船に乗るのが楽しみになりますよ。料金は、

貸切散骨23万1千円(〜24名)

合同散骨12万6千円(2名)

 

乗り物酔いに自信のない方は、睡眠をよくとって、酔い止めを飲んで臨むのが良いでしょう。

 

最期はお約束、船をバックに集合写真をパチリ。

s-IMG_7128.jpg

船で疲れたでしょうに、とっても笑顔な皆さん、ありがとうございました。

★今回は定員オーバーで乗船の叶わない方がいましたので、希望者が集まればまた開催させていただきます!

▲このページのトップに戻る